« 「旅行用心集」 八隅藘菴著 文化7(1810)年 | トップページ | 本のまち フランス・ベシュレル »

2018.03.11

ロートレックとパリの古本市

Dsc_0557_2

ドイツの歴史家であるレシュブルクの著書「旅行の進化論」(邦訳1999年)は、青銅器時代から現代までの旅行形態の通史がコンパクトにまとまっていて、旅行の発展史をわかりやすく追うことができる。

ヨーロッパを視点とした記述であることは、今時の歴史学のトレンドからはすこし時代遅れなのかもしれないが、欧州における旅の歴史を学ぶ、というスタンスで割り切って読めば多くの知見を得ることができる。

その中に少し気になる記述があったので今日はそれをご紹介する。


第9章「旅行産業は団体旅行から」では、トマスクックをはじめとして、19世紀の旅行産業について語られている。
その中にトゥールーズ・ロートレックに関する以下のような記載があった。


>トゥールーズ・ロートレックのような画家が、旅行目的地のポスターを描いた。新聞は旅行特集を付録にして、旅行評論や広告を掲載した。(P161)


旅行が大衆化し経済の一端を担うようになることを指摘する一端のくだりであるが、はて、トゥールーズ・ロートレックは旅行目的地のポスターなど書いていただろうか。


確かに彼は印象派画家全盛のころ、モンマルトルのキャバレーに出入りし多くのポスターを制作した。そしてそのころ19世紀後半はフランスでも鉄道網が拡大し、レジャーが、余暇活動が社会に広がっていった。

その中で鉄道会社によるものを始め多くの観光地ポスターが宣伝のために制作された。ブルターニュが観光地としてポスターで宣伝され始めたのもこの頃からだ。
「そうだ、京都行こう」で有名なJRのデスティネーションキャンペーンでは、中吊りや駅貼りポスターで観光地を宣伝しているが、そのルーツは100年前にさかのぼることになりなる。


しかしロートレックが観光地のポスターを本当に作っただろうか。


これを調べるにはロートレックの作品を当たるしかない。「悪魔の証明」のいうとおり、「ない」ことを証明するにはすべての場合を確かめるしかない。


いまどきネット調べてみるとロートレックの有名なポスターは多く紹介されている。また東京・丸の内にある三菱一号館美術館で運よくロートレック展を開催していたので行ってみたが、しかし全集みたいなものはなかった。

「ない」ことを証明するにはどれも不十分であった。


そんなこんなしているうちに、なかなか調べる機会がなかったのだが、ついにその日がやってきた。


パリの古本市である。


パリ15区のジョルジュ・ブラッサン公園では、毎週古本市が開かれている。
公園の一角にある、体育館一つ分くらいはありそうなスペースに、何十ものお店がでている。

Dsc_0550_5

閉店の時間が近づき、かたずけ始めている店もある中で、ついにその本はそこにあった。558ページもある大型本を手に取ると、店員(おそらく店主)が近づいてきて、それはいい本だぞ、という。これはすべての絵が掲載されいるか、と聞くと、ほぼ全集に近い、という。

値段を確認すると30ユーロ、約4千円。

考えられないくらい安い。それは自身が定める価値、つまりほしかったものがようやく入手できる、その対価として安い、という意味はもちろんがあるが、500ページ以上の、フルカラーの大型本がそもそも30ユーロで手に入ること自体、とてもお買い得感あり。

ついでながら、カバーには「350フラン」と表示してある。発行は1992年発行。フランスフランは当時24円程度らしくそれを基に計算すると約8400円。定価はそれなりの値段だったようす。

さて、肝心の調査の結果だが、やはり観光地のポスターはなかった。
風景を描いたものはないことはないが、しかし観光地宣伝のものではない。


有名な歴史家でも認識を間違え誤記をすることもあるのだなあ、とおもいつつ、しかしロートレックが観光地ポスターを制作したらいったどのようになっただろう、とすこし残念な気もする。いやもしかしたら地球のどこかにロートレックが書いた観光地ポスターがあるのかもしれない。


« 「旅行用心集」 八隅藘菴著 文化7(1810)年 | トップページ | 本のまち フランス・ベシュレル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/66485640

この記事へのトラックバック一覧です: ロートレックとパリの古本市:

« 「旅行用心集」 八隅藘菴著 文化7(1810)年 | トップページ | 本のまち フランス・ベシュレル »