« 渋沢栄一のことば ジャパン・ツーリスト・ビューロー発足に際して | トップページ | 弱いつながりと観光の新しい意義 »

2017.04.09

イタリアでルパン三世が有名だという話を確かめてみた

Napori2_2


欧州で勤務をしていたころの大きな収穫(?)の一つは


 ルパン三世はイタリアでは知らない人はいないくらい有名だ


との知見を得たことである。同じ職場で働いていたルパン三世のように顔が長い同僚から教えてもらった(日本人)。


たしかにネットで検索をしてみると、イタリアではそれなりに人気であることがわかる。しかしそれはネットの情報、本当なのかいまひとつわからない。いつか実際にイタリアを訪れ、イタリア人に聞いてみたいものだとおもっていた。

そんなことで若干の月日がたったころ、運よくイタリアのナポリを訪問する機会が訪れた(2016年秋)。これでイタリア人にルパン三世が本当に有名かどうか確かめることができる! 現場主義の「ツーリズムマーケティングのフィールドから」にふさわしい。


ナポリといえば、ピザ、エスプレッソが秀逸。17世紀、イギリス貴族の若者がこぞってグランドツアーに出かけたその終着地点。「ナポリを見てから死ね」といわれるほど風光明媚なところで有名だが、ナポリを見たら死ぬ、とも言われるほど治安もよくない(そんなことはない、という人も多いけれど)。エスプレッソはとてもおいしゅうございました。


ベスビオ火山は市心からも約10㎞と近く、裾野から見ることができる成層火山。幼いころ聞いた、「行こう、行こう火の山へ~、、フニクリフニクラ・・・、」という歌が、ベスビオ火山のケーブルカーのことをうたったものだと知り衝撃。

「サンタールチーア~、サンタールチーアー~」という歌もご存知でしょうか。
サンタルチア港はナポリ。これまた驚き。

そして「帰れソレントへ~、帰ーれよ~」の歌詞のソレントは、ナポリ県、ナポリから30KMにある。「帰れソレントへ」。ナポリ民謡(カンツォーネ)の一つ。


これほど日本人に馴染みのあるナポリで、ルパン三世のことを尋ねることになろうとは。
(ちなみに私はルパン三世の大ファンで、「カリオストロの城」の台本の本を持っていてセリフはそらですべて言えます)

さて、サンタルチアにあるカステル・デローヴォ、通称「卵城」の向かいにあるレストランに2回通ってスタッフと仲良くなり、2回目に質問をした。

  ルパン三世ってしっているか。

  はぁっ?(何のことかわからない様子)

  ルパン三世!

  オー、ルパンザサード!!


もちろん、最初からそういったつもりだったけれど。

 

  ジゲン、ゲーモン、マルゴー!!

 
  ?????

ジゲンは次元大介だ。
一緒にいた同僚はひげをはやしていて顔が長く次元大介のようだったので、そいつを指さして、

  

  彼は次元だ

といったら、オー、ジゲン、と妙に受けた。


つまりイタリア人にルパン三世は(どれだけ有名かどうかはわからないが)知られている、ということが証明された瞬間だった。感動。ほかのスタッフも同僚の次元大介を見に近寄ってきた。

それにしても、ジゲンはわかったが、ゲーモンとマルゴーとはなにか。

ルパン三世で出てくる人物は、他には五エ門と不二子、あと銭形しかいない。
そうか、もしかしてゲーモンとはゴエモン(五エ門)のことか。とするとマルゴーは。。
そこで思い出した、不二子は名前を変えていることを。

そう、マルゴーとは不二子のことだ。たしかネットで見た記憶がある。


さらに尋ねる。

  イタリアでは「ルパン三世」は有名か。

  ああ、有名だ。

  

やったー、ルパン三世はイタリアで有名だった!


記憶に残る旅だった。

« 渋沢栄一のことば ジャパン・ツーリスト・ビューロー発足に際して | トップページ | 弱いつながりと観光の新しい意義 »

コメント

イタリアでのルパン人気が証明され嬉しい限りですが、スペインではマジンガーZが人気であることも忘れてはいけない点だと思います。日本の文化は世界に通用しますね!

投稿: 元同僚(後輩) | 2017.04.13 08:25

コメントありがとうございます。
スペインは2年と半年で14回もいったのに確認するのを忘れました。
元同僚(後輩)様のヒアリングの成果を期待しています。sun

投稿: | 2017.04.22 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/65129591

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアでルパン三世が有名だという話を確かめてみた:

« 渋沢栄一のことば ジャパン・ツーリスト・ビューロー発足に際して | トップページ | 弱いつながりと観光の新しい意義 »