« 2017年3月 | トップページ | 2017年8月 »

2017.04.30

弱いつながりと観光の新しい意義

London_station_2


弱いつながりWeak tie は観光経験にこそあてはまる、とおもっていたら、東浩紀が似たようなことを書いている、という話。


弱いつながりWeak tie という考え方を知ったのはもうずいぶん前のことです。

アメリカの社会学者グラノヴェッターの研究で知られ、最先端のネットワーク理論でも参照される理論なのですが、かなり簡略に説明すれば、家族や会社の同僚といった、強いつながりを持った仲間からよりも、普段はあまりおつきあいの少ない知人とのネットワークのほうが、ある側面では、(例えば就職の情報など)有益な情報が得られる、といったことです。


毎日のように会っている人とは、一緒にいる環境が似通っているので共有する情報も多くなります。一方普段あまり会わない、社会的なつながりの弱い人からは、まったく自分が知らなかった世界の情報を聞くことができます。

東浩紀は、ずっと一緒にいる村人と、自分探しをする旅人の、その間に観光客を位置づけていました。(「弱いつながり」(2014))。観光を偶然の出会いを探す場とし、ある意味、その無責任な立ち位置をポジティブにとらえています。

ネットは人間関係や得られる情報を固定化する、というのも彼の主張。これはネットは人間関係を薄くする、という一般的な感覚とは逆の発想です。SNSでは昔の知り合いと別れることなくつながりつづけ、検索をすれば、自分の検索履歴から興味を絞り込み、意外性のある答えではなく、その人にあった検索結果を表示します。検索ワードを増やそうと思ったら、意識してそこから離れる必要があります。


一方、旅先で出会う人はすべて想定外。そこで得られる情報は予定していないことばかりです。
そうして自分の世界がひろがっていく。東的に言えば、「グーグルが予測できない言葉を手に入れよ!」。

旅が大衆化し、冒険家でなくても「秘境」に行けるようになった時代、観光の新しい意義が提案されることに、観光の新たな可能性を感じたGW前半でした。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

イタリアでルパン三世が有名だという話を確かめてみた

Napori2_2


欧州で勤務をしていたころの大きな収穫(?)の一つは


 ルパン三世はイタリアでは知らない人はいないくらい有名だ


との知見を得たことである。同じ職場で働いていたルパン三世のように顔が長い同僚から教えてもらった(日本人)。


たしかにネットで検索をしてみると、イタリアではそれなりに人気であることがわかる。しかしそれはネットの情報、本当なのかいまひとつわからない。いつか実際にイタリアを訪れ、イタリア人に聞いてみたいものだとおもっていた。

そんなことで若干の月日がたったころ、運よくイタリアのナポリを訪問する機会が訪れた(2016年秋)。これでイタリア人にルパン三世が本当に有名かどうか確かめることができる! 現場主義の「ツーリズムマーケティングのフィールドから」にふさわしい。


ナポリといえば、ピザ、エスプレッソが秀逸。17世紀、イギリス貴族の若者がこぞってグランドツアーに出かけたその終着地点。「ナポリを見てから死ね」といわれるほど風光明媚なところで有名だが、ナポリを見たら死ぬ、とも言われるほど治安もよくない(そんなことはない、という人も多いけれど)。エスプレッソはとてもおいしゅうございました。


ベスビオ火山は市心からも約10㎞と近く、裾野から見ることができる成層火山。幼いころ聞いた、「行こう、行こう火の山へ~、、フニクリフニクラ・・・、」という歌が、ベスビオ火山のケーブルカーのことをうたったものだと知り衝撃。

「サンタールチーア~、サンタールチーアー~」という歌もご存知でしょうか。
サンタルチア港はナポリ。これまた驚き。

そして「帰れソレントへ~、帰ーれよ~」の歌詞のソレントは、ナポリ県、ナポリから30KMにある。「帰れソレントへ」。ナポリ民謡(カンツォーネ)の一つ。


これほど日本人に馴染みのあるナポリで、ルパン三世のことを尋ねることになろうとは。
(ちなみに私はルパン三世の大ファンで、「カリオストロの城」の台本の本を持っていてセリフはそらですべて言えます)

さて、サンタルチアにあるカステル・デローヴォ、通称「卵城」の向かいにあるレストランに2回通ってスタッフと仲良くなり、2回目に質問をした。

  ルパン三世ってしっているか。

  はぁっ?(何のことかわからない様子)

  ルパン三世!

  オー、ルパンザサード!!


もちろん、最初からそういったつもりだったけれど。

 

  ジゲン、ゲーモン、マルゴー!!

 
  ?????

ジゲンは次元大介だ。
一緒にいた同僚はひげをはやしていて顔が長く次元大介のようだったので、そいつを指さして、

  

  彼は次元だ

といったら、オー、ジゲン、と妙に受けた。


つまりイタリア人にルパン三世は(どれだけ有名かどうかはわからないが)知られている、ということが証明された瞬間だった。感動。ほかのスタッフも同僚の次元大介を見に近寄ってきた。

それにしても、ジゲンはわかったが、ゲーモンとマルゴーとはなにか。

ルパン三世で出てくる人物は、他には五エ門と不二子、あと銭形しかいない。
そうか、もしかしてゲーモンとはゴエモン(五エ門)のことか。とするとマルゴーは。。
そこで思い出した、不二子は名前を変えていることを。

そう、マルゴーとは不二子のことだ。たしかネットで見た記憶がある。


さらに尋ねる。

  イタリアでは「ルパン三世」は有名か。

  ああ、有名だ。

  

やったー、ルパン三世はイタリアで有名だった!


記憶に残る旅だった。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年8月 »