« 2016年4月 | トップページ | 2017年2月 »

2016.07.19

パリ一風堂1号店2号店

一風堂が、今年パリにオープンしました。

欧州ではロンドンに次ぎ2都市目、今年(2016年)2月19日に1店舗目がサンジェルマンに、6月11日にはパリ1区に2店舗目がオープンしました。

ちなみに、こちらの記事に、

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1460972688381.html

>工事が遅れた結果、先に開くはずだった1号店より先に2号店がオープンしました。

とありますので、先にオープンした1店舗目が2号店、2店舗目が1号店のようです。

さっそく両店に行ってみました。


サンジェルマンにある1店舗目(2号店)は、スタッフはみたところほとんどがフランス人でしたが、注文から会計まで言語も含めて日本とまったく変わりませんでした。
注文はAkamaru。パリでラーメンを食べていることを考えれば普通においしくいただけました。


お店の雰囲気もとてもよかったです。
一杯13ユーロ(12だったかな)は、1500円相当(!)ですが、パリの物価を考えれば、まあ、仕方がないでしょうか。でも地元食材をしようしている、ということですので、原価削減の余地はあるような気がします。

さて、2店舗目です。こちらはパリ1区という、パリのど真ん中にあります。

お店はずいぶん広かったです。

しかし、今後の期待を込めてあえて言います。

麺の先がくっついていました!!!


麺を茹でたことのある方はご存知かもしれませんが、茹でている間、きちんと撹拌しないと、麺の先っぽが何本もくっつくことがあります。

まさにそれ。


プロのラーメン店ではありえませんことでしょう。


残念すぎて、お店の写真を撮ることも忘れてしまいました。。


でも聞くところによれば、すでに開業して何か月もたっているロンドンでも同じことがあったとのこと。


>クワクするような日本の食文化[JapaneseWonder]を、笑顔とありがとうと共に精一杯伝えてまいります。


http://www.ippudo.com/wp/wp-content/uploads/2016/02/c560002ed818cefa547792d72327aded.pdf

と、プレスリリースにうたっている割にはちょっといただけません。
ここは、パリ、美食の国、イタリアのパスタにも負けてしまいます。


ぜひ、今後に期待したいところです。


欧州で本当においしいラーメンが食べられることを祈っている一人として。


ーーー
追記

2店舗目について、事前にこの記事を見ていました。

http://youpouch.com/2016/07/17/369049/


昼下がりの14時ころに行きましたが、新しさはあるものの、「圧倒的なシャレオツ感」はとくに感じませんでした。いえ、けして悪い意味ではなく、普通にきれいなお店です。こういうのをパリでは「シャレオツ」(?)というのでしょうか。


「パリのエスプリ漂いまくり」。。


そうなんだ。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2017年2月 »