« パリ5日間でウーバーUberを13回利用する。 | トップページ | 日本版DMO候補法人は「候補」なのですね »

2016.01.24

パリでAirbnbを利用して滞在してみました。

Img_1129001

昨年夏に1週間、2015/2016の年末年始に4泊5日、パリに滞在した際に
Airbnbを利用してみました。

Airbnbがどんなものかを知るためと、やはり一旅行者としてのニーズを満たすため、
つまり安く、快適な宿に泊まりたい、ということです。

宿泊場所は、夏も冬もセーヌ左岸、パリ5区、カルチェラタンにしました。

本当は観光を考えるとセーヌ川の北側、オペラ座付近がとても便利です。
主要ツアーもオプショナルツアーの出発地はセーヌ川の北側ですし(セーヌ右岸とはあまり
いわないらしい)日本人御用達の和食レストランの集まるところ、そしてジュンク堂も
メトロ、ピラミッド駅の近くです。
ついでながら、ブックオフは昨年(2015年)末で閉店してしまい、これは本当に残念でなりません。


カルチェラタンのご紹介は別の機会に譲るとしまして、今回の本題、Airbnbです。


Img_1112001

もともとは自分の家の空いている部屋を貸し出す、というコンセプトだったので
いわゆるオーナーとの同居がイメージされたころもありましたが、
もちろん今もそういうところもありますが、貸し切り、つまり同居人はおらず、
部屋を丸ごと利用できる物件も多く、その場合、オーナーとはほとんどネット上だけの
やりとりで実際に会うことはありません。

そのやり取りが迅速であったか、満足のいく対応をしてくれたかどうかは、
Airbnbのサイト上の口コミ情報でだいたいわかります。


夏も冬も、どちらのオーナーも英語ができ、とても親切に、そして質問に対しては
迅速にこたえてくれ、とても満足のいくものでした。

夏の一週間は一人だったため、おそらく20平米もない部屋を借りました。
トイレ洗面、シャワー付き。

冬は家族4人での宿泊だったため、キッチン1、寝室2、居間1、バスタブ付きシャワー、
洗面台、トイレ付、という間取りのアパートでした。


サイトには部屋の写真がたくさんあり、大体のイメージはつかめます。
しかしやはり行ってみると違うところは多々あり、とくに広さの感覚は、写真からは
非常につかみずらい気がします。

ホテルもそうですが、値段の高さと物件の良さ・立地の良さはほぼ正確に比例します。


場所がよければよいほど、部屋が広ければ広いほど、きれいであればあるほど
値段は高くなると考えていいと思います。


<夏> 7泊
1泊41ユーロ(約5740円)、清掃代15ユーロ、AirBnbサービス料37ユーロ
合計341ユーロ(約47740円)

パリのど真ん中、夏の超繁忙期に一泊当たり約6800円ですからまずはお得です。


<冬> 4泊
1泊161ユーロ(約22540円)、清掃代50ユーロ、AirBnbサービス料86ユーロ
合計781ユーロ(約109340円)

一人あたりは4泊で195,25ユーロ(約 27,335円)
一人1泊あたり48.8ユーロ(約6833円)


偶然夏と単価が同じくらいですが、部屋の大きさと立地を考えれば
十分納得がいく値段です。


一方で実際に使用してみると不便な点にも気づきます。

一番めんどくさいのは、大きな荷物がある場合、チェックアウトをしたあと
どこに預けるか、ということです。

次の人のチェックインが午前中なら部屋をそれまで開けなくてはならないため、
部屋に荷物を置いておく、という選択肢はなかなか難しくなります。

スーツケースをもって市内観光をするわけにはいきませんから、
一度はオプショナルツアーに参加して荷物もバスに積んでもらいました。
2度目は次の人のチェックインが午後だったので、それまで部屋に荷物を
置いておいてもいい、といわれました。
またもし次の人が来ている場合には、部屋の外でもいいともいわれました。


日本ならたいていの大きな駅にはコインロッカーがありますから
これを利用することができますが、それでも駅まで行かなくてはなりませんね。


また別の友人がAirbnbを利用した際には、ロストバゲージをしたのですが、
(荷物が一緒に空港につかなかった)荷物の送り先で受け取りをどうするかが
困ったといっていました。

ホテルならもちろん預かってもらえますが、通常の宅配便と同様、
誰もいなければどこかにもって帰られてしまいますし、旅行中ですから、
ずっと部屋にいるわけにもいきません。


部屋のアメニティの有無は、ほとんどがサイトに書いてあり事前にわかりますが、
ティッシュペーパーまではあるかどうかがわからなかったり、
ちょっとした料理をする際に必要な、油や塩コショウまでは記載がなかったりします。

もちろんそれらはオーナーに聞けばわかることではあります。


ーーー
以上、つらつらと書き並べましたが、総じて便利なサービスであると感じました。

ホテルの需要を奪うかどうか、という意味では、たしかにAirbnbがなければホテルに
泊まらざるを得ないわけですから、そのぶんホテルは機会を失った、といえますが、
しかし家族4人だと2部屋になってしまうのでもともとホテルは選択したくなかった、
一人で一週間滞在するには調理ができるほうがいい、という意味ではやはり
ホテルは選択しづらかった、ということを考えると、ホテルの機会を奪った、というよりは、
滞在に新しい選択肢が生まれた、と考えることもできます。

1泊くらいでしたら、あるいはビジネス出張の場合はホテルのほうが快適な場合もあり
(もっとも最近はAirbnbもビジネス利用の促進を図っているようですが)、
ホテル業界だけから見れば脅威もあるのでしょうけれど、サービスの多様化が、
旅行需要を増やし、旅を豊かなものにする、という意味はあるのではないかとも感じます。


もちろん、既存の法律との整合性や安全の面など検討しなければならないことは
まだまだ多くあることも事実ですね。


  

« パリ5日間でウーバーUberを13回利用する。 | トップページ | 日本版DMO候補法人は「候補」なのですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/63114691

この記事へのトラックバック一覧です: パリでAirbnbを利用して滞在してみました。:

« パリ5日間でウーバーUberを13回利用する。 | トップページ | 日本版DMO候補法人は「候補」なのですね »