« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.04.18

デザインとイノベーションとスペイン

ときどきハッとするデザインに出会うことがあります。

なぜハッとするかといえば、自分がこれまで思っていた
ものと違っているからです。

デザインそれ自体が革新的なこともありますが、
そのデザインが自分の認識を変える、という意味で
それはイノベーションの一種ともいえるかもしれません。


さいきん宿泊したスペインのホテルで、
こんな洗面台がありました。


Img_0227_3

洗面台にボウルがない!
なくていいのか!!

生まれたばかりの赤ちゃんが、顔の表情を認識できるのは
パタン認識の能力のおかげとも言われていますが、逆に言えばパタン
と認識されないと、その物自体がそれと認識されない、ということです。
これが洗面台なのか!とおもったのは、パタン認識の
おかげですね。

しかし次に同時に思い出したのは、
マインドセットという言葉です。


考え方の枠組み、くらいの意味でしょうけれど、
ビジネスではときどき、先入観、固定観念といったような意味で、
イノベーションを阻害するものとしてネガティブな意味に
使用されることがあります。


洗面台にボウルがなくてもいいのです。手が洗えて顔が洗えれば。


そして洗面台とボウルとの接続部分がなく、縁もないので、
掃除がしやすいというメリットがありそうです。


洗面台にはボウルがあるもの、というマインドセットから
解き放たれた洗面台。
デザイン、というのはなんて自由なんでしょう。

そしてついさいきん、スペインの別のホテルで、またボウルのない
洗面台をみました。

Img_0324_2


でも、さすがに浅すぎるような気がしないでもありません(苦笑)。
ただ洗面台で洗濯をするのは防げそうです。


イノベーションはいろいろなところに存在しているのですね。


| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »