« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015.01.18

MICEの神様の訃報に接し

MICE業界の先駆者である、”MICEの神様”浅井新介さんが
先日お亡くなりになられたとの突然の訃報に接し
驚きました。


日本の旅行業界にまだMICEという言葉がまったく使われていなかった頃、
MPI(Meeting Professionals International)
http://www.mpiweb.org/home
という、海外のミーティングプランナー団体の日本支部を1995年に設立され、
世界レベルのMICEを日本に普及する活動をされてこられたかたです。

私がMICEやDMCという言葉を初めて知ったのは2003年頃のことです。

当時、会社の中でも、もちろん業界の中でも、海外の観光動向を知っている方を除き、
ほとんど知られていませんでした。


旅行業界ではインセンティブ旅行の分野は日本でも古くから知られていましたが、
インセンティブハウスやミーティングプランナー、そしてコンベンション、イベントを
総称してMICEと呼ぶ、あるいはそれらを着地側で担うDMCという言葉は、
一般的ではなかったのです。


仕事の関係上、いろいろと調べていたところでした。そんな中、
すでにMPIの日本支部がある、と知って初めて浅井さんのお名前を知ったのでした。


私が浅井さんとお会いしたのはおそらく2回しかありません。
しかし最初にかけていただいた言葉が大変うれしくて今でも鮮明に覚えています。

  私が知る限り、日本の旅行業界でMICEという言葉を初めて使ったのは
  2005年頃、あなたでしょう。

おそらくある記事に掲載された内容を読んでいただいたのかとおもいます。
MICEやDMCという概念がなかなか理解されず、悩んでいたころだっため、
”MICEの神様”に会えただけで光栄なのに、そのような小さな記事まで
覚えていただき、本当に身に余る思いでした。

「MICE」という言葉は、2004年ころにはすでに欧米豪では使用を控えよう、
という動きが業界にありました。

なぜなら mice は、mouse の複数形、つまりネズミを表し、業界の印象が
悪くなることを懸念したからです。
アジアではいまもまだ使用されています。

それでも、日本にとっては新しい分野として迎え入れられ、
10年の月日を経て、今日では国家戦略までになりました。

浅井さんの教えは、今でもウェブなどで見ることができます。

浅井さんの、ミーティング業界に対する深い洞察とプロフェッショナリズムを、
これからの世代に受け継いでいくことが私たちの責務だと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »