« 持続可能な観光の研究者 | トップページ | 宮脇俊三先生と私 »

2013.08.17

お勧め本:アメリカの国際観光経済

観光が一体何の役に立つのか、と問われた時、
経済的メリットについては比較的わかりやすく理解できます。

つまり、ある地域に観光客が訪問し、そこで消費をすることが、
「経済的に」地域を潤すことにつながる、ということです。


観光客は今や国境を越えてやってきます。
国境を越えた経済活動は、輸出、輸入といった貿易という視点で
捉えることもできます。

そのような考えてみればとてもシンプルなことではありますが、
観光の経済効果についてはあまり学校で学ぶ機会などがないせいか、
一般になじみがないかもしれません。


アメリカの事例ではありますが、観光を経済面から見たときの視点を
わかりやく解説した本が出版されました。


アメリカの国際観光経済 浅羽良昌


アメリカではいまや観光産業における雇用者数は、金融・保険業に
接近し、運輸・倉庫業を上回っているそうです。(本文P16)

ただし、観光産業、というのは独立した産業とはみなされておらず、
いくつかの産業にまたがっています。

そこでその実態を正しく把握するために、「サテライト・アカウント」が
算出されています。


その他、お金の移動、人の移動などについて、統計資料を丁寧に読み取り
解説をされています。

観光の経済効果を把握したり観光政策立案の際には、
とても参考になるのではないでしょうか。


« 持続可能な観光の研究者 | トップページ | 宮脇俊三先生と私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/58011885

この記事へのトラックバック一覧です: お勧め本:アメリカの国際観光経済:

« 持続可能な観光の研究者 | トップページ | 宮脇俊三先生と私 »