« ビジネスパーソン向けブックオフの活用法 | トップページ | 観光学術学会が発足! »

2012.04.01

コミュニティとプライドに基づいたツーリズム

観光(ツーリズム)を何のために推進するのか、
ツーリズムは地域においてどのような意義があるのでしょうか、
それをまず考えましょう。


先日、行政の職員の方々向けのある講義の冒頭で
このような話をさせていただきました。


観光は、一般的には経済的な効果、雇用創出の役割などが言われています。

加えて最近では、地域の自然や文化の価値を再発見、再認識し、持続的に
活用する手立てとして、観光が活用され始めています。


しかし観光事業や観光政策に携わっている私たちに、実際に
どれほどそのような意識があるといえるでしょうか。


あるいは本当に観光が経済的、社会的意義のあるものか、
証明されているのでしょうか。

ここで、一つのレポートを紹介しましょう。


コミュニティ・ベースド・ツーリズム事例研究
~観光とコミュニティの幸せな関係性の構築に向けて~
ニュージーランド・マオリ編
 北海道大学他発行

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/42681

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/42685/1/CATSLibrary03_107-166.pdf


ニュージーランドのマオリ族にかかわる観光を調査したレポートです。
冒頭ではこんなことが書かれています。


「日本では、ツーリズムに対する理解が、まだまだ表面的で、
物見遊山か金儲けのツールとしてしか捉えていない人が多いと思います。
最初に、マイク・タマキが、「ツーリズムは、ビークルだ」と言った
話がすごく印象的でした。みんなツーリズムを通して、何をやるかということを語っ
ていました。日本では、そういうことを語る人が、事業者や自治体にほとんどいない
ですね。そこが非常に勉強になりました。」


地域社会とツーリズムの関係は複雑です。
かならずしもいいことばかりではありません。

儲かっているのは一部の観光事業者だけだ、とか、
観光客がくるようになって生活のじゃまだ、とか。


確かにそういった一面があることは事実です。

しかしツーリズムを進めるのは、それを乗り越える何かがあるからです。
観光を進める上位概念があるからです。

「過去と未来を繋ぐという役割があるという話も出てきましたね。過去の伝統を引
き継ぐのが自分の責任であり、さらにそれを百年後、五百年後に渡す責任もある。責
任だけじゃなくて、文化そのものが自分の中にある。自分が生きていく中で、その自
分の中の文化を何らかの形で実現していかないといけない。そういうようなものを感
じました。」(P125)

民族の誇りを守るためにツーリズムを進めるのだ、
マオリ・ツーリズムを見ると、その意志の強さに驚かされます。


観光、ツーリズムを何のために進めるのか、

地域の誇りを取り戻すため


そういえるような観光創造の時代を作っていきたいです。

« ビジネスパーソン向けブックオフの活用法 | トップページ | 観光学術学会が発足! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/54364761

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティとプライドに基づいたツーリズム:

« ビジネスパーソン向けブックオフの活用法 | トップページ | 観光学術学会が発足! »