« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.24

匿名の情熱

すっかり夜が涼しくなりました。。。

先日、日経新聞を見て思ったこと。

企業家やコンサルタントの有名な人が多く著書を出していて、
そういうふうになるのが、優秀なビジネスマン、という風潮がでてくることに
どうも違和感を覚えます。
組織にうずもれるのはかっこ悪い、若い人、これからの時代は起業がクール、
みたいな。

もちろん、ビジネスに成功し、名声をえて、社会に貢献することは
価値のあることだと思います。


しかし、だれもがトップの座を得るわけでもなく、
そして、組織の成功、という観点からは、けしてトップだけの
力だけではない部分もあります。

 「匿名の情熱」

という言葉があるそうです。

アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領の時代の補佐官に対する
心構え、見たいなところから来ているようです。

"The White House staff should be small in number, remain in the background, issue no orders, make no decisions, make no public statements...they should have a passion for anonymity

http://www.albany.edu/~dkw42/barnard.html


日本でも時々、番頭さん、とか、ナンバー2の役割として説明されることもあります。
本田宗一郎に対する藤沢副社長みたいなものでしょうか。

組織とは何か、を考えながら。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »