« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.03.20

ペニンシュラホテル

香港のランドマークの一つでもあるペニンシュラホテルですが、その2006年の決算が新聞に報道されていました。ちょっと興味深かったのでご紹介いたします。
ホンコンシャンハイホテルズというのが会社名で、香港ペニンシュラホテルのおかげで記録破りの利益だったとあります。ペニンシュラは香港のほかに
 ニューヨーク
 シカゴ
 ビバリーヒルズ
 バンコク
 北京
 マニラ
があるそうです。
すごいのは部屋が埋まる率で、香港は80%でビバリーヒルズ(83%)についで2番目とのことです。ただし平均ルームレートは、ニューヨーク(HK$5,458)、ビバリーヒルズ(HK$4,523)、シカゴ(HK$3,398)についで4番目(HK$3,228)となっていました。
それにしてもニューヨークの平均5458香港ドル(約8万円!)というのもすごいですね。

ただし、香港ペニンシュラの平均ルームレートも、05年から12%もあがっています。

香港の観光産業の好調ぶりを象徴しているようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

香港理工大学ドクターコース

香港には、観光研究で有名な、香港理工大学(The Hong Kong Polytechnic University)School of Hotel & Tourism Management(HTM)という研究所があります。
ここが来年から初めてドクターコースを開設する、ということで、説明会に参加してきました。
フルタイムのほかに社会人向けのコースもあり働きながらでも通うことができます。

観光教育を行っている大学にとっては、観光産業人材育成が教育の大きな目的のひとつであり、実際教授陣も実業界から引き抜いてくるケースが多いようです。
ただ人材育成といっても、マネジメントクラスの教育なのか、実務レベルなのかによって当然教える内容も変えなくてはならないでしょうし、果たして大学がそれをどこまでになえるのか、になうべきなのか、ということについても議論があるようです。

さて、話を戻してHTMのドクターコースですが、これから韓国、シンガポールなどにも営業に行くとのこと。きっといろいろなところから集まるのでしょう。おそらくそのような人脈が、将来ビジネスをしているときにも役に立っていくのでしょうね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.03

香港で東北のTV番組

昨日、本日と、「翡翠台」という香港のテレビ局の番組で、東北を紹介しているのを見ました。旅番組、ですね。
取材は今年の一月で、まさしく雪の東北です。
昨日は盛岡、今日は秋田でした。夜10:35からの30分番組でしたが、どうやら、何回か放映されていたようです。
若い女性の芸能人らしき人がレポーターで、まさしく日本の旅番組のような感じです。
盛岡は3大麺、わんこ、じゃじゃめん、冷麺を食べていました。体験型観光(!)で、冷麺をつくったりもしていました。
秋田は、もちろんなまはげがたくさん。なぜか地元の秋田美人3人組が同行して、石焼を食べていました。

この番組は香港の旅行会社がスポンサーになっています。同僚にきくと、番組が終わると申し込みの問い合わせが殺到するのだそうで、この今年の11月にむけてすでにツアーを作っているとのこと。

なんで、雪の東北か、といえば、いくつか理由があります。

まず、なんといっても香港では日本の文化が日常的に受け入れられています。日本が香港のことを知っている程度に比べれば驚くほどです。
特に、食べ物はまったく人気があります。もちろん、すし、刺身は大人気。ですから東北のおいしい魚を食べたらびっくりするでしょうね。
それにもちろん雪はめずらしさで興味があります。なにより自然の美しさも人気でしょう。

ぜひ機会を見て、香港の別の旅行会社に企画をぶつけてみたいと思っています。

今日はひさしぶりに仕事の話になってしまいました。。。

番組のブログがありましたので、興味のある方はご覧ください。
広東語ですが、漢字と写真でなんとなくわかります(笑)

http://travel.tvb.com/tohoku_travel_blog/main/index.html

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »