« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.29

中秋節

今、香港の街中は“中秋節”一色です。
東南アジアでは、旧正月につぐ大きな伝統行事とのことです。

いろいろな飾り付けや、のぼりばたが掲げられていて、
私のマンションの入り口はクリスマスのようなイルミネーションも登場しました。

食べ物でいえば”月餅”。
ちゃんとしたものは、アヒルの卵の黄身が中に入っています。
とにかくいたるところに宣伝があり、いろいろな種類のものが販売されています。
ハーゲンダッツにまで売っています。もちろんオリジナルのものです。

どこで買うといいか迷ってしまいます。
そこでまた香港の同僚に聞いてみると、年に一度のことだから
いいものをかう、それはホテルで買うのが一番だ、とのこと。

伝統的なのはペニンシュラ、シャングリラも有名、会社の近くのランガムホテルの中華レストランも
有名、といろいろありそう。

で私はアイランドシャングリラに買いに行きました。

そもそも一度に何度も食べるものではありませんが、お行儀よく食べるには
とてもおいしかったです。

ただし、無添加なので日持ちはあまりせず、冷蔵庫に入れてもせいぜい1週間くらい。
それとくずれやすいので、お土産にはちょっと向かないようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

観光産業と女性

前回の同僚(香港人と台湾人と日本人)との会話のつづきです。

観光産業には女性が多い、という話題になりました。
それは私も以前から感じていたことで、見本市などに行けば、担当者が女性であることはまったく普通のことです。
正確に言えば、「女性が多い」というのは、正しい表現ではありません。
他の業界に比べると、女性の比率が多いかもしれない、程度の意味です。
(※昼の話題ですので、厳密な数字がないことはご了承くださいませ)

正直なところ、私も仕事をする際には相手が女性か男性かは意識したことは余りありません。
それはおそらく入社以来女性が当たり前のように多い職場にいたことが関係しているかもしれません。

そしてそもそも仕事のプロセスと成果においては性別が理由になる影響は皆無でしょう。
そもそも性別を問うほうが変かもしれません。

とはいうものの、考えさせられるきっかけはいくつもありました。

そのひとつが、産休を取ります、といわれたとき。
非常に頼りにしていた部下だったのでどうしようかと思いました。
やっぱり女性だからか、という考えをし始めたとき、彼女からこう教えてもらいました。
突然怪我をすることだってあるし、男だってやめることもある、そう考えると、産休だって
「一時期中断すること」という意味では同じではないか、
あまり正確ではないかもしれませんが、そんなようなことでした。

なるほどなあ。
少し前にダイバーシティ、そしてちょうど同じときにワークライフバランス、という言葉を知ったので、そういうことなのかと思ったものでした。

実際の事情はもう少し複雑ではありますが、要素はそういうことでした。

ーーー

で、観光産業と女性のことですが、女性2、男性1の、お昼時の会話でしたから、あなたは(女性が多くて)うれしいでしょ? と質問され、もちろんと答えた、という、よくある会社員の会話で、そのランチはおしまい。
チムシャツイ、カントンロードの、とあるお店での会話でした。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

会社の女性

香港人と台湾人と日本人3人でランチを取ったとき、女性の働き方についての話題になりました。
日本では女性は結婚するか子どもを生むとほとんどが会社を辞めるかやめさせられるが、本当か、とダイレクトに聞かれました。それは日本のドラマなどから得た情報だということです。

香港は、アマサンと呼ばれるヘルパーを雇うことはごく普通に行われていて、女性は結婚をして子どもを生んでもフルタイムで問題なく働きます。日本では保育園を探したりお出迎えをしたりとても大変ですね。

で、私の答えは、働く比率はずいぶん増えているはず、というあいまいなものになってしまいました。

会社では、女性がお茶を入れるのは本当か、とも聞かれました。これもドラマからの情報です。
そういう会社は昔はあったがいまはほとんどないではないか、というこれまたあいまいな答えになってしまいました。

彼女たちは日本のことをとてもすきなのですが、それは観光地としての魅力であって、社会的な面など、必ずしも
日本のすべてを好きなわけではけしてないのですね。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

香港の台風

今日は台風で、雨とかぜと雷の一日でした。
香港は台風の強さが、シグナル1から10で表示されます。
今日は一番弱いシグナル1でした。
シグナル8になると、会社も学校も休みになります。
今年はまだ一度もありませんが。

夜になって、台風は熱帯低気圧に変わったようで、いまはもう雨風はずいぶん弱くなりました。
テレビではレポーターが、豪雨の中マイクに向かってしゃべっていて、かなり危ない。
そんな風景は、日本も香港も変わらないものだなと思ったりしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

シンガポール3

Image007
移転したマーライオンです。初めて近くで見ました。

夕暮れ時のシンガポール川沿いは、ビールを傾けるにはとてもすてきな場所でした。
来週からIMFと世界銀行の年次総会がある、とのことでシンガポールは大変にぎわっていました。
ホテルは最近部屋の占有率が90%といわれており、景気がいいようです。
昨日の新聞では、マレーシアとシンガポールのオープンスカイについての報道が
されていました。
アセアンの協定でもともと2008年には航空自由化が約束はされてはいるのですが、
マレーシア~シンガポール間はナショナルフラッグにとってもドル箱。
そう簡単には進まない、という見方もあるようです。どの国もポリティカルマターというのは
あるのですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

シンガポール2

シンガポールでは、スーツはどうやら金融機関系の人たちは着ているようですが、ツーリズム関係者は少なくともネクタイはしていないことがわかりました。
オーチャードどおりを歩いていても、ネクタイをしている人はほとんどいませんね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール

出張でシンガポールに来ています。
シンガポールはホテルでもネット料金がかかります。
ここ、フェニックスホテルは1分間0.3シンガポールドル。上限が25ドル。
日本だと結構無料のところもありますよね。

さすがに香港よりも蒸し暑い!
ビジネスではスーツを着るのだろうか。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »