« 2005年10月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.24

修善寺

静岡県の修善寺にいきました。

宿泊は名旅館あさば。二日目はシャトーTSというワイナリーに見学に行きました。

あさばは、なんともシンプル、しかし一つ一つが価値のあるもので、とても大人の旅館です。最近、気のきいた旅館は多くなりましたが、玄関のはり、調度品など、おそらく今ではなかなか手に入らないものばかり。入り口左にご神木、右手には桜でしょうか。それらの価値が本当にわかるようになったらより楽しめるでしょう。

サロンには、渡辺淳一サイン本や、建築家の本などが多くあり、由緒ある旅館であることを感じさせました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

研究のレベル

観光研究は年々盛んになっているような気がします。
この数年、観光研究学会に出席すると、いわゆる観光研究以外の分野からの参加も目立ってきました。
しかし、何人の方から学会のレベルの低さを指摘されました。
私も発表者の一員なので、襟を正して聞かなくてはなりませんが、
それにしても、口々にそう指摘されるのはなぜでしょうか。

研究のレベルをはかるものさしがないので、主観的にならざるを得ませんが、
経済学など他の学問分野からの参加者の意見も厳しいですし、あるいは企業に所属している人からは、
とても現実的ではない、という声もありました。

そういうところを謙虚に受け止め、従来の観光研究者からも、活発な議論が始まると
いいのではないかと思うのですが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

あけましておめでとうございます。

ブログを立ち上げてから2年がたちます。
といってもその間発言はありませんが。

この間、観光は非常に脚光を浴びてきました。訪日観光政策は拡大し、国土交通省の観光を推進する課は2課増えて6課体制になるとのことです。

さて、自戒をこめていえば、この間観光研究はどれほど進歩したことでしょうか。

今年は不惑、そして会社が新体制になる年。
いつもにまして新たな気持ちで一年がはじまりました。


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年2月 »