« 2005年1月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.23

維新の地

先日山口大学に所用がありいってまりました。
山口県に滞在したのは、中学生のころ夜行列車で秋吉台、秋芳洞を訪れたとき以来のことです。
今回は飛行機で入りました。
宮脇俊三は、北海道に行くには列車に限る、飛行機ではその距離感を実感することができない、というようなことをいっていましたが、まさしく2時間弱では、20年の時間をうめることもできません。
「新山口」という駅がありましたが、つい最近まで「小郡」だったことを現地ではじめて思い出しました。
山口県湯田は、尊皇攘夷運動で活躍した井上馨の生地です。
ホテルニュータナカのすぐうらにある高田公園には、井上馨の銅像がたっています。
高杉晋作らと活躍し、伊藤博文とロンドンへ密航。
維新後は実業にも通じたとのことです。

一転、湯田温泉は中原中也生誕の地でもあります。
1907年が中原中也の生まれた年、1915年が井上馨の没年です。
今年は井上馨没後90年。時代は重なり、しかし遺志は語り継がれているでしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年6月 »