« 観光の批判と期待 | トップページ | 観光と経済 »

2004.01.01

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
みなさんは、今年の目標はもうたてられたでしょうか。

観光の研究動向では、今年は7月にアジア太平洋観光学会という国際大会が日本で開催されることになっています。
観光政策では訪日ツーリズムが引き続き国家政策として取り上げられます。
日本の各自治体でも、観光を地域活性化として活用するところもおおいことでしょう。

旅行業界も、ネット関連会社、既存の大手・中小などが、再編のまっただなかです。

観光は産学官とても変化の激しい時代になりました。

その分、これまで停滞していた観光研究が一気に進歩する可能性も秘めています。
ますます面白くなりそうです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 観光の批判と期待 | トップページ | 観光と経済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13797/11608307

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。:

« 観光の批判と期待 | トップページ | 観光と経済 »